審判離婚

審判離婚

調停裁判を用いて話し合いを行っても、夫婦両者が同意できない場合に、家庭裁判所が話し合いに基づき、独自の判断で決定を下すことを、審判離婚といいます。

強制的に家庭裁判所が決定を下すため、異議申し立てが多いと感じる方も、多いかも知れませんが、それは意外と少なく、審判結果に従う人がほとんどとされています。
この審判離婚を用いて、離婚または離婚時の問題を解決するケースは、調停離婚の延長上ということもあり、年間約100件あるかないかとされています。

ここで離婚が解決できなかった場合は⇒裁判離婚