裁判離婚

裁判離婚

審判離婚で下された結果に納得がいかず、異議申し立てを行った場合に、場所を家庭裁判所から地方裁判所に変え、裁判で離婚または離婚時の問題を解決することを、裁判離婚といいます。

審判離婚と違い、ごく少数の人数中で話し合いをもつのではなく、公の場である裁判所を用いるので、プライバシーは言うまでもなくありません。そのため精神的な重圧を感じる方もいます。また弁護士をたてることにより、その費用や手続きなど、面倒な上、時間も費やすのも、この裁判離婚の特徴と言えるでしょう。

そのため、離婚の種類の中でもとても特殊なものであり、全体の離婚の約1%程度しかありません。

裁判所で離婚と判決が出れば、離婚が成立になります。
調停離婚、審判離婚同様、離婚そのものを成立するよりも、離婚に伴う問題を解決する方が多いと言えるでしょう。