リンク集

離婚相談で養育費問題も解決

離婚を決意した時には、弁護士に離婚相談をする事がとても大切な事になります。特に子供がいる時には、これからの生活の為に、養育費が必要になります。どれだけ請求できるのか、またでこれからの生活をどうしていくかなども、すべて弁護士に相談できるのです。

自分だけでなんとかすると思っていても、すべてを解決に結びつけることが出来ませんので、離婚相談を利用して、子供の為にも、自分の為にも、金銭的問題は、しっかりと行う事が重要になるのです。

弁護士などを使い離婚相談をすれば、法的処置も出来る事があるので、相手方は逃げる事も出来なくなるので活用する事でメリットになるのです。

結婚生活が難しい場合は離婚相談をする

配偶者から受けるDVやモラハラ、あるいは浮気などによって結婚生活を続けることが困難であると感じた場合は、弁護士などの専門家に離婚相談をした方が良いでしょう。

弁護士に離婚相談する内容は、配偶者との離婚同意、財産分与や慰謝料の支払い、子供の親権や養育費などがあり、それらについての交渉の代行と書面での合意、離婚調停や裁判での弁護など多岐にわたります。

さらに離婚後の戸籍変更や配偶者の退職金および年金分割、接触の禁止(弁護士を通して行う)なども同時に相談すると良いです。相談しないで一人で悩んでいると、考えがまとまらず、肉体的、精神的に疲弊して離婚どころではなくなってしまいます。そうした自体を避ける為にも、まずは第三者に相談する事が大切です。

女性が気軽に足を運べる場所で離婚相談を

弁護士事務所は全然怖い場所ではありません。鋭いメガネをかけて黒いスーツをビシっと着こなしたエリート風の男性だけが働いている場所といった印象が世間一般にはありますが、近年ではカジュアルでフェミニンな雰囲気が漂う女子向けの弁護士事務所も出てきました。

女性が気軽に足を運べる落ち着いたムードのある事務所も増加し、また担当者が全て女性スタッフという場所もありますので、離婚相談といったデリケートな問題が比較的簡単にカミングアウトしに行けます。

同じ同性同士なら、離婚相談に関する話し合いも円滑に進みますし、女子同士だからこそ分かってもらえる浮気の辛さなどもストレートに打ち明けられます。