リンク集

モラハラ離婚の特徴

モラハラとは、言葉や態度で精神的に傷つけたり、不安にさせて相手を洗脳し支配することであり、近年夫婦間でこの問題は多く見られています。

密室で行われるため、された方は自分を追い込んでしまうことになりかねません。モラハラ離婚を決めてそれを通達すると、モラハラしてた方は絶対に自分の非を認めないため、離婚調停になることが多いです。

ここで、モラハラの人の特徴である外面の良さが出て、調停員に良い印象を与えることが多く、向こうが有利の方向になびくことが多いのです。モラハラ離婚する場合には、しっかりと相手のモラハラの証拠などを準備しておくことが必要です。

モラハラで離婚をせまられる人

実はモラハラは受けた人だけが苦しむのではなく、モラハラを行っている人も苦しんでいる事もあります。いきなり、モラハラだという事で離婚をせまられるとどうすればいいかわからず、苦しむ人もいます。

何とか離婚をせず、相手と上手くやっていきたいと考えていても、気が付かない間にモラハラをしている人もおり、自覚意識がないだけに止められないそうです。

モラハラで離婚になる事例も過去にはありますが、離婚をした方が幸せになれるのか、もしくは離婚をしない方が幸せなのかという事は、なかなか難しいケースもあるようですね。

感情的になっている時にはいい判断ができない事もありますので、冷静になってどうするか考えて話し合うのもいいかもしれません。最近ではモラハラでの離婚相談を受けている弁護士などもいますので、相談してみるのもいいかもしれませんね。

離婚理由に挙げられるモラハラ

どうしてもこのまま一緒に生活をするという事が耐えられずに、離婚をするケースは多く3組に1組は離婚をするという話を聞いた事があります。離婚の理由については人それぞれ違いますが、中にはモラハラが元となって夫婦関係が保てなくなり、離婚をする事もあります。

たまにしか会わない人であれば、モラハラを受けても我慢できるかもしれませんが、夫婦で毎日生活を共にしてモラハラを受け続けるのは耐えられないと考える人もいます。

モラハラは結婚して間もない夫婦から熟年夫婦まで幅広い年齢の人が悩む事もあります。モラハラは浮気の様にやってはいけないという感覚がなく無意識で行っている人も多い様で、離婚話を持ち出され困惑する人もいる様です。