離婚の手続きや慰謝料等の知識、離婚届の書き方などについて

離婚とは

婚姻届けを提出し、夫婦となったものの、その後、何らかの理由が伴い、夫婦としての形を解消すること。

離婚の原因

性格が合わない、浮気など、理由は様々です。

離婚と裁判

お互いが離婚に異議がなければ、離婚届を提出することによって離婚は成立します。
しかし、必ずしもお互いが納得して離婚するわけではありません。
そういった場合に、裁判所に申し立てて離婚をすることになります。

結婚ってどんなかんじ?。失敗しない結婚。

債務整理の費用、手続きについて。債務整理Master

司法書士に債務整理を依頼

司法書士に債務整理を依頼する場合、内容によりいくつかの条件が課せられます。

まず任意整理の場合、取り扱えるのは債務総額が140万円以下のものです。140万円以下の場合にのみ債権者との交渉権と簡易裁判所への訴訟代理権が認められています。

次に自己破産と民事再生の場合は地方裁判所への申し立てが必要ですので、金額の如何に関わらず、裁判所へ提出する書類の作成のみとなり、申し立ては債務者本人が行うこととなります。また、裁判所から破産管財人が派遣された場合は管財事件となり、50万円の世納金が必要となります。

債務整理では以上のような条件を理解した上で司法書士に依頼しなければなりません。