離婚の手続きや慰謝料等の知識、離婚届の書き方などについて

離婚とは

婚姻届けを提出し、夫婦となったものの、その後、何らかの理由が伴い、夫婦としての形を解消すること。

離婚の原因

性格が合わない、浮気など、理由は様々です。

離婚と裁判

お互いが離婚に異議がなければ、離婚届を提出することによって離婚は成立します。
しかし、必ずしもお互いが納得して離婚するわけではありません。
そういった場合に、裁判所に申し立てて離婚をすることになります。

結婚ってどんなかんじ?。失敗しない結婚。

法律の専門家に離婚相談をする

夫婦の話し合いで解決しない場合、弁護士などに離婚相談をしてみるとよいです。不利な条件で離婚しなければいけないことはありませんし、子供など状況によっても対応の仕方が変わってきます。お互いに納得するためにも、法律に基づいて行うことが重要になります。離婚について詳しい弁護士もいますので、まずは相談することから始めていけば問題ないです。

離婚相談を行えば、冷静に物事を見ることができますし法律がかかわるとなれば証拠などが必要になりますので、準備するものについても話し合っておくことです。

時間をかけて用意を進めていけば、トラブルがない離婚になっていきます。

モラハラ離婚について

モラハラとは「モラルハラスメント」の意味です。配偶者やパートナーから繰り返し理不尽なことを言われ、貶められ、心を病んでその日々の暮らしにならされてしまうのです。

モラハラ離婚とは、その状況に疑問を持ち、「こんな結婚生活はおかしいのではないか?」と気づいた人が自ら幸せを掴むためにその相手から逃げる、そんな離婚のことをいうのです。

モラハラする側の理論も、思考も、される側には全く理不尽で、理解できるものではないのです。その気持ちをいくら訴えたからと言って、伝わることはまずないのです。モラハラは、場合によっては暴力も伴うDVです。それはおかしい、といくら伝えたところで、当人同士でその解決をみることはまずありません。

モラハラに気づいたら、まず記録を地道に残しましょう。手書きの日記に、写真やボイスレコーダーの記録が残せたらさらに効力が増します。モラハラ離婚では、弁護士ら、法的なプロの手を借りるのがもっとも有効なのです。役所の法律相談からでもよいのです。まず、「助けて」と声を上げることから始めましょう。

受け取りたい浮気離婚慰謝料

相手の浮気により、大いに苦痛を受けている人もいるという場合には、ぜひ浮気離婚慰謝料を受け取りたいですね。浮気離婚慰謝料を支払う様に相手に言っても、話をまともに聞いてくれずに困っている人もいる様です。

浮気離婚慰謝料について自分で話して無理な場合には、ぜひ法律家に仲介してもらって浮気離婚慰謝料の請求を求めたいですね。法律家が浮気離婚慰謝料の請求を相手に行っても無理であれば、裁判所を通して話をする事もできます。

それでも、自分が受けた苦痛については、慰謝料という形で反映してもらいたいえすね。悔しい思いをする事がない様に、できる範囲の事は手を尽くしたいですね。いい結末を信じたいですね。

男性の離婚相談

女性が弁護士の所に行って離婚相談を受ける事は多いかと思われますが、相談に来るのは女性のみならず男性の相談も少なくありません。男性の離婚相談においては、財産をどの様にして分割するのか、もしくは養育費の支払いをどうするのか、などという内容が多いみたいですね。

男性の離婚相談も今後に関わる重大な事を相談する人が多い様です。男性も困った時には離婚相談を活用して、よりよくなる様に努力したいですね。仕事をしている人であれば、夜間や休日を活用して離婚相談を受けるといいかと思われます。

最近では長時間の営業を行っている法律事務所も増えている様ですので、多忙でも相談しやすい環境は整いつつあると思います。

夫婦の離婚の時には離婚相談

夫婦の気持ちのすれ違いなどや、浮気や不倫による、離婚の際には、まず離婚相談をしてみる事が大事です。

別れる理由は色々とありますが、その原因から出る、良いアドバイスをしてくるのです。また気持ちの不一致などの場合には、離婚をしなくても済むこともあるのです。その為に離婚相談をして、お互いの気持ちの違いなどを確かめる事も大切です。

離婚相談は、専門の弁護士を利用すれば、より良い解決方法を見つけてくれます。浮気などの裏切り行為の時には、慰謝料の請求なども行ってくれますし、トラブルの無いような解決を導き出してくれるのです。